赤ちゃん肌 作り方

赤ちゃん肌の作り方とは?

色は真っ白ですべすべ、そして、もちもち。毛穴がたるんでいるわけでもなく、つまっているわけでもなく、とても理想的な赤ちゃんの肌。どうしたら、赤ちゃん肌を作れるのでしょうか。その秘策をご紹介します。

 

赤ちゃん肌の作り方のファーストステップは、「毛穴レス」にする 

赤ちゃん肌の作り方

赤ちゃん肌の一番のポイントは、いかに毛穴を目立たなくするかです。毛穴がたるんでいたり、そのたるんだ毛穴に皮脂や角質がたまって、そのたまったものが紫外線などの影響で酸化して黒ずんでいるという状態では、赤ちゃん肌にはなるのは難しいですよね。これを解決してくれる一番の道具は、毛穴の汚れを取ってくれる洗顔石けんです。毛穴の汚れが取れると、黒ずみが取れる、毛穴が引き締まる、毛穴が目立たなくなる、という経過を経て、赤ちゃん肌へと近づきます。また、頑固な毛穴の汚れは、オリーブオイルなどの植物性オイルを含んだものを使うと、汚れがオイルでなじんで取れやすくなります。

 

毛穴の奥まで綺麗にしてくれる洗顔石鹸

高級無添加オイルの美容洗顔石鹸【VCOマイルドソープトライアル】

 

赤ちゃん肌の作り方はラウリン酸がポイント

VCOマイルドソープは、ヴァージンココナッツオイルが含まれているのですが、これに含まれている成分、ラウリン酸が大きな力を発揮します。ラウリン酸は、汚れを取ってくれる脂肪酸の一種なのですが、脂肪酸の中でも特に分子が小さいので、小さな毛穴の中にも簡単に入り込むことができます。ラウリン酸が作り出す、きめ細かな泡が毛穴の奥まで届いて汚れをすっきり落としてくれるのです。ヴァージンココナッツオイルが植物性のオイルだという点も毛穴の汚れをなじませるのに有効的です。

 

たっぷりと汗をかいて老廃物を出す

赤ちゃんは汗っかきです。成長とともに体内では、たくさんの老廃物も作られてしまいますが、それらを汗とともに外に排出して、むくみやくすみ知らずの肌をキープしています。大人は、赤ちゃんほど汗をかくことはできませんので、運動したり、お風呂に長めに入ることによって、たっぷりと汗をかいて、汚れをためこまない肌にしましょう。

 

肌に潤いを閉じ込める

赤ちゃんの肌の薄さは大人の約半分ですので、乾燥しがちですし、あせもにもなりやすいです。しかし、潤いが保てているのは、皮膚の内側の水分量が多いためです。飲料として、しっかりと水分を取ることが大事ですし、外側からのケアについては、必要な皮脂を残して適度な水分量を保ちましょう。

VCOマイルドソープは、ヴァージンココナッツオイルが材料として使われていますが、このオイルに含まれているラウリン酸は、皮脂と似た成分です。このラウリン酸があることによって、石けんなのに、汚れを落としながらも、必要な皮脂はきちんと補って、潤いをキープしてくれます。また、ヒアルロン酸も含まれていますので、高い保湿効果が期待できます。
水分と皮脂がよいバランスになると、結果的に、肌体力のある理想的なターンオーバーのサイクルが出来上がり、新陳代謝の活発な赤ちゃんの肌を作ることができます。

 

↓赤ちゃん肌を作るための洗顔石鹸はこちら↓

美容洗顔石鹸

 

 

皆さんは洗顔石鹸にどのようなことを求めていますか?まず第一に、しっかりと汚れを落とす事ができる、ということが挙げられるでしょう。せっかく洗顔したのに汚れが落ち切らないのでは意味がありません。そしてもう一つに、肌にやさしい、ということが挙げられます。いくらしっかりと汚れを落とすことができても、その過程で肌にダメージを与えてしまうのでは結局意味がありません。
この2つをしっかりと考えることで、赤ちゃんのようにつるつるですべすべの肌に近づく事ができます。では、赤ちゃん肌の作り方の秘訣として、ここではおすすめの洗顔石鹸を紹介します。ここで紹介するのはVCOマイルドソープという洗顔石鹸です。
この洗顔石鹸は添加物を使っていない、いわゆる無添加の洗顔石鹸であるため、非常に肌に優しいというのが特徴です。肌荒れを起こしにくいために赤ちゃん肌に近づく事ができます。そしてもう一つ、しっかりとした洗浄力を持っていることも重要になります。無添加でありながら高い洗浄力を実現している背景には、ラウリン酸と呼ばれる成分が多く含まれるヴァージンココナッツオイルを使っていることが挙げられます。
このラウリン酸というのは母乳にも含まれているように人体に優しい成分であり、肌の保護に効果を発揮している皮脂とも同じ成分をしているため、無闇に肌を傷つけてしまうということがありません。しっかりと効果を発揮しつつ、肌のケアを行うことが出来るのが重要なポイントです。
なおかつこのラウリン酸の効果的なポイントとなっているのが、高い気泡力です。泡を立てることに効果を発揮してくれるため、洗顔石鹸としての効果をさらにアップさせています。洗顔石鹸の泡というのは吸着力を発揮して毛穴のなかの汚れを取り除くために重要な役割があるため、それが高いというのは洗顔石鹸としての性能に大きく関わってきます。勿論、モチモチの泡の方が洗顔中に気持ちが良い、というのもポイントです。